Welcome

お知らせ

2012-02-23 ホームページ開設
行事予定ほか松森天満宮の情報を発信していきます。

松森天満宮とは


松森天満宮
諏訪神社、伊勢宮とともに長崎三社に数えられています。
1625年に今博多町に創建し、1656年に現在の地へ遷宮しました。 江戸時代より学問の神として信仰されています。
本殿の外囲いの瑞垣の欄干間にはめ込まれた30枚の板には、県指定有形文化財の職人尽が薄肉浮彫りされています。
正徳三年(1713年)、社殿改修の際に奉納されたもので、彫刻者は御用指物師喜兵衛、同藤右衛門です。
下絵を描いた画家は不詳であるが、当時の長崎奉行御用絵師の小原慶山ではないかと考えられています。
天保三年(1832年)には、唐絵目利の石崎融思が彩色を施しました。
職人風俗が精緻に描写されたこの彫り物は、歴史民俗資料としての価値とともに美術品としても高く評価されています。
長崎天神 松森天満宮 長崎県長崎市上西山4-3  TEL:095-822-7079 FAX:095-822-7099

由緒


祈願・お祓い


境内案内


職人尽


クスノキ郡


授与品


周辺紹介

学問の神様
松森天満宮
まつのもりてんまんぐう
長崎市上西山4-3
電話:095-822-7079
FAX: 095-822-7099
ページ最上部へ