学問の神様 松森天満宮

TEL:095-822-7079学業祈願・厄入・厄晴・賀寿祭・地鎮祭・安全祈願等他

令和3年正月および節分の対応について

新型コロナウイルス感染防止のため以下の対応を行います。
【手水舎】ひしゃくの撤去
【御籤絵馬授与所】消毒液の設置、マスク・フェイスガード着用巫女による対応
【御札所】PayPayによる授与対応可、アクリル板による防護、御札御守は見本のみ設置
【御神酒】振る舞いの中止
【参拝】鈴の緒の撤去

【節分祭】
〇2月2日 19時年男年女清祓いは通常通り
〇豆まきは19時30分 1回のみ実施(上記清祓者による)
〇ぜんざい、御神酒振る舞いの中止
※御札御守絵馬御籤等については正月と同様の感染防止を行います。

松森天満宮とは

学問の神様 松森天満宮

諏訪神社、伊勢宮とともに長崎三社に数えられています。
1625年に今博多町に創建し、1656年に現在の地へ遷宮しました。 江戸時代より学問の神として信仰されています。
本殿の外囲いの瑞垣の欄干間にはめ込まれた30枚の板には、県指定有形文化財の職人尽が薄肉浮彫りされています。
正徳三年(1713年)、社殿改修の際に奉納されたもので、彫刻者は御用指物師喜兵衛、同藤右衛門です。
下絵を描いた画家は不詳であるが、当時の長崎奉行御用絵師の小原慶山ではないかと考えられています。
天保三年(1832年)には、唐絵目利の石崎融思が彩色を施しました。
職人風俗が精緻に描写されたこの彫り物は、歴史民俗資料としての価値とともに美術品としても高く評価されています。

学問の神様 松森天満宮

お知らせ・新着情報

表題をクリックすると詳細が見れます。


アクセス

学問の神様
長崎天神 松森天満宮
まつのもりてんまんぐう
長崎市上西山4-3
TEL.095-822-7079
FAX. 095-822-7099